占い師の「紫聖」と申します。都内某所にある占いの館に勤務しています。

 

占い師である私が当サイトを立ち上げた理由は次回にご説明するとして、今回は私自身の自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

私の占い師としての「力」とは?

覚えている占い歴は6歳からです。小学校1年生ですね。

図書館に子供用の占いの本があり、それを読むのが趣味でした。それをきっかけに、読書とスピリチュアルに傾倒。

 

ただ、これは「占いや霊感を信じていない人向け」の自己紹介です。

上記のストーリーに一般の人が信じてくれない要素はないですからね。(占いやオカルトが好きな人、で終わる)

 

実際には、小さいころから「人には見えてはいけないもの」を感じるのが得意でした。

「視える」という人もいますが、私は「感じる」タイプです。

 

そちらにいくと良いのか、悪いのか。どういう結末になりそうなのか。

虫の知らせ、第6感、色々な言い方がありますが、私が小さいころから持っていたのはそれだと思います。

 

占いなどのスピリチュアルを信じない人は多いのですが、人には「五感で感じられる以上の何か」があることは実証されています。

ビジネス書作家であるマルコム・グラッドウェル氏の「第1感 『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」という本では、科学的に検証された「直感」の正しさが述べられています。

 

例えば、「面識もない人物の部屋を15分間観察しただけで、長年の知り合いよりもその人を理解できる」「夫婦の会話を1時間観察しただけで95%の確率で、その夫婦の15年後が予測できる」など。

 

まさに占い師が「透視」「予言」または「未来予測」としてやりそうなことだと思いませんか?

しかしこれは実証された事実なのです。

 

特別な人でなくとも、人間には「感じ取る力」があります。

今の科学で解明されていないことは多いですから、いつかは「科学」の範疇に入るのでしょうが、「今のところは」完全に説明できない力があるのです。

 

これは誰もが持っていますが、強い弱いには個人差があります。ちょうど腕力のように。

私は、その力が生まれつき人より少し強かったように思います。

 

占い師の3要件とは

というわけで、私はもともと持っていた「感じ取る力」、一般には「霊感」とか「霊力」と、そして6歳から読み漁った占いの本による知識で、現在は占い師一本で生計を立てている、ということになります。

 

私が思う占い師の3要件に、「霊感」「知識」「話術」というものがあります。

 

霊感は分かりやすいですよね。

色々なタイプはありますが、科学的に証明されていない方法で何らかの(過去・現在・未来の)情報を取得する能力(感覚)のことです。

 

次に、知識。これは占術の知識です。

西洋のタロットカード、占星術の知識や、東洋の四柱推命、紫微斗数、易など様々な占い方法の知識とスキルです。

 

最後に、話術。霊感がある人間でも、神ではなく人間なので、「五感により得た情報を第六感で拡大する」という手法をとります。

ですから、会った瞬間にあなたの名前を当てるのは私にはできません。しかしながら、名前を(耳から)教えてもらえれば、それを(霊的に)拡大することは出来るといえます。

 

占い師は、きちんと相手の信頼を得て、必要な情報だけを教えてもらうスキルも必要です。

 

この「霊感」「知識」「話術」の全てがあるのが完ぺきな占い師ですが、すべてそろった占い師はそうはいません。(私自身も、このうち2つしか自信がありません)

 

一番ひどいパターンで言えば、「話術」だけで占いをやっている人もいます。

コールドリーディングとも言いますが、相手の情報を巧みに聞き出し、相手に「この人は視えているんだわ」と思わせる話術というのが存在します。

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。
外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。

Wikipedia

 

名探偵シャーロックホームズが相手のことを見ただけで(観察力と推理により)相手の素性を言い当てる場面がありますが、それに近いです。

シャーロックホームズは嘘つきではないので「こうやって分かったんですよ」と理路整然と明かしてくれますが、詐欺占い師は「霊が言っています」「私の霊力で分かりました」と言います。

 

このように、話術だけで「占いもどき」をやっている占い師もいます。

 

私はどうなのかと言えば、残念ながら人と話すのは苦手なほうです。「霊感」「知識」「話術」の中では、霊感と知識で占うタイプだといえます。

話術は日々努力中、というのが正直なところです。

 

現役占い師「紫聖」の得意な占い

私はありとあらゆる占いの知識を身に着けてきたつもりでおります。

占いの蔵書は膨大で、未邦訳のもの(というか永遠に邦訳されないであろうもの)も多数あります。

 

その多くは英語ですので、私は一時期、その読解のためだけに英語を猛勉強したことがあります。

その結果、占い師でありながらTOEICの点数は900点を超えています。(ちなみに、外国のお客様はほとんど来ません。笑)

 

ですから、はっきり言って古今東西ありとあらゆる占いが出来るほうだと思います。

しかしながら、それでも相性というのでしょうか、霊感をのせるのに最適だと思う道具・占い方は限られます。(占い師によって違います)

 

私の場合は、西洋占いならタロット占い、東洋占いなら易占が一番得意です。

 

最後に、私は占いだけではなく、おまじないお守り護符など、西洋風に言えば魔術スピリチュアルアイテムと呼ばれるものにも詳しいです。

かなり高価な原典を含めて所有していますので、このブログでもいくつかご紹介できればと思っております。

 

電話占い、ときどき魔術。をよろしくお願いいたします

私のこと、私の「力」のこと、そして占い師の要件に魔術と、とりとめのない話をしてしまいました。

お付き合いくださり、ありがとうございました。

 

次回は、現役占い師である私が、電話占い比較・評価ブログである「電話占い、ときどき魔術。」を立ち上げた理由を書いていきたいと思います。

 

引き続き「電話占い、ときどき魔術。」をよろしくお願いいたします。

 

紫聖

 

おすすめの記事