今回は初めての「占いに関するよくある質問」というカテゴリーの記事です。

このカテゴリーでは、占い師としてよく聞かれる質問を書いていきたいと思います。

 

記念すべき最初の質問は、「占いで相手の不幸が分かったらどうしますか?」というもの。

要は、相手に告げることと告げないことをどう選んでいるのか、どう考えているのかについてですね。

 

本物の占い師は死期と異性関係は告げない

私は、占いの師匠ともいうべき方から、「本当に視える占い師は死期と異性関係については告げないもの」と教わっています。

 

これは私の師匠の自己流ではなく、古来から言われてきたことです。

 

本当に「視える」占い師というのは、ある意味では天与の能力として視る能力を与えられているわけです。

ですから、ある意味では自分の能力を適切に使うことについての責任があるわけです。

 

異性関係というものはプライベートそのものですから、本人にさえ「私は視えちゃいましたよ、あなた浮気性ですね」などというのは無礼なこと。

 

死期については「質問してくる場合」でさえ本当は聞きたくないものでしょう。死期までの期間が長ければにこやかに答えられますが、短い場合には、相手に嘘をつくか相手を傷つけるかの2択になりかねません。最初から「答えない」ことにしておく方が双方にとっていいものの典型です。

 

ですから、相手に求められでもしない限り、死期と異性関係は告げません。

 

それでは、求められたらどうするのか?

それでは、相手が明確に死期や異性関係を知りたい場合にはどうするのか?

 

死期については、私はそれでも答えないことが多いです。そもそも「病は気から」というのもあるので、視えた死期により本人が意気消沈し、さらに寿命が短くなることさえあります。もちろん、私もそんなことは望んでいません。

 

しかしながら、異性関係については正直、触れないことのほうが少ないですね。女性のほとんどは恋愛の悩みで占い師を訪れますから、「あなたはこういう恋愛をしがちだけれど」という形のアドバイスというのは、どうしても出ることのほうが多いです。

 

そういう言い方をすれば、お客様も「この人は視えている」と思うでしょうから、アドバイスを聞いていただきやすくなるのは間違いありません。それは、私にとっても相手にとっても有益なことです。

 

これは、私以外の力のある占い師でも同じだと思います。異性関係に触れられないと、むしろお客様は不満を持ってしまいますから。

 

そういう意味では、「女性」の「恋愛」が主な占いトピックとなった現在では、「死期に触れない」は守っているものの、はっきり言って「異性関係に触れない」は形骸化している、というのが実感です。

 

運命は一つではない

運命というのは、実は一つではありません。

「死期以外の不幸が分かったらどうするか」と聞く人は、運命が一つであり、逃れられないものだと思っています。

 

しかし、実際には「こうなりやすそうだ」くらいまでしか占い師にも分かりません。

今までたくさんの占いを受けてきた「占いジプシー」のような方がこの文章を読んで下されば分かると思いますが、100%言ったことが全てあっている占い師はいません

 

なぜなら、力のある占い師でも「こうなりそうだ」までしか視えないからです。

 

5個の事象についてアドバイスし、1つにつき「80%」で当てられる占い師がいたとしましょう。

この時、5つの予言すべてが当たる確率は、0.8の5乗ですから、33%程度です。

 

事象に関する予言を8割で当てられる占い師でさえ、たった5つのことについて話しただけで、1つくらいは外れる可能性のほうが圧倒的に高いのですね。

それほど運命というのは多様なものなのです。

 

なお、1つの事象について8割当てられる占い師は、相当力がある人です。「超当たる」人でさえこのレベル、とお考え下さい。

(この「事象」というのは、5割の確率でA、5割の確率でBになるようなものではなく、もっと広いものから結果を予言した場合です)

 

死期以外の不幸が分かったらどうするか

というわけで、死期以外の不幸が分かったらどうするかというと、「それ以外の運命にたどり着きそうな行動」をアドバイスします。

これが、私の思う占い師の正道です。

 

死期以外で、例えば1か月後に車関係の事故が起こりそうだという場合。

この場合には、他にも何かが見えるというか、感じられるはずなので、「1か月後に車の事故が起きます」とは言わないですね。

 

もう少し具体的な、例えば「運転者=相談者」「海辺での事故」であればもう少しピンポイントに、「海辺に行く際は、彼氏さんに運転してもらってください。○○のころが特に運気が落ちています」などと具体的に言います。

そうでないと、相手も行動しようがないし、開運しようがないのです。

 

というわけで、「占いで相手の不幸が分かったらどうしますか?」に対する答えは、「よりよい未来につながりそうな行動を提示します」になります。

あなたの参考になれば幸いです。

 

紫聖

 

おすすめの記事