Concept of lovers communication trough social network

今回は久しぶりに占い師Q&Aです。

 

電話占いでも、対面占いでも結構な確率で出てくる話題、「出会い」です。

出会いがないので電話占いがしたいのですが?」をお送りします。

 

電話占いでは「出会いがない」話題が出やすい

占い業界って意外と狭い業界なので、知り合いには占い師がたくさんいます。

その中には、対面占いとともに電話占いをやっている占い師もいます。

 

その方に聞いたのですが、電話占いだと対面占い以上に「出会い」に関して鑑定依頼されることが多いそうです。

 

やはり、面と向かって「出会いないんですが、どうしたらいいですか」というより電話占いのほうが聞きやすいのでしょうか。

(ちなみに、対面占いでも結構な割合で「出会い」の話題は出ます)

 

当サイトは、サイトタイトルに「電話占い」を関しているので、電話占いで出会いがないことについて相談することを検討されている方もいるでしょう。

その方に対し、少し言っておきたいことがございます。

 

占い師が出来るのは「行動へのアドバイス」

電話占いで出会いについて相談するつもりの方に、申し上げたいこと。

それは、占い師が出来るのは「行動へのアドバイス」ですよ、ということです。

 

占いは、ヒーリングやカウンセリングの要素もあります。

しかしながら、基本的には「現実的な改善」を目指すコンサルティングだと思っています。

 

その考え方に立つ場合には、「改善」のない占いは意味がないです。

つまり、「行動へのアドバイス」のない占いは無価値ということですね。

 

なので、私は「行動につながるアドバイス」をします。

話題が「出会い」であれば、「出会い方」や「出会う場所」を、占いに基づいてアドバイスします。

 

黙っていてもある時期になれば「出会い」が来る占い結果もあれば、行動しないと出会いが来ない場合もあります。

多くは後者なので、基本的には「こう出会いましょう」というアドバイスになります。

 

占い師の出会いに関するアドバイスはごく一般的になることが多い

ここで、占い師のアドバイスする出会い方は、あまり特殊なものではありません。

 

実際、「7月に神奈川県出身の人と海で出会いがある」という明確な占い結果が出るのは、非常にまれです。

実際には、出会いの運気が上昇するのがここから、とか、こんな人とこういう感じの場所で出会うのでこういった行動をせよ、とか、そういうアドバイスになります。

 

そのアドバイスと言うのは、多くの場合には突拍子もないことではありません。

多くの出会いが「まるでドラマのような」ものではないので、9割以上が普通の出会いです。

 

つまり、その出会い方としては「自分でも考えつく範囲のアドバイス」であることも多いんですね。

例えば、マッチングアプリを通じて出会うとか、友人の紹介で出会うとか、職場の同僚や上司になる人とか、そういったものです。

 

この記事で言いたいのは、「それって、占い師のアドバイス、必要でしたか?」という話です。

 

もちろん、転職の相談において「A社に行くと運命の出会いがある。たぶん上司」と言われたため、A社に転職して当たったら、それは占い師のアドバイスが必要だったと言えるかもしれません。

 

しかし、占い師は運命を捻じ曲げる職業ではないので、多くのお客様にそんなドラマチックな展開はありません。

直近に出会いがなさそうだと占いで分かったので、占いと人生経験に基づき、ごく一般的(に聞こえる)アドバイスをする」のがほとんどです。

 

アドバイスされる前に現実で出会いを探す

すみません、話がかなり迂遠になりました。

 

私が言いたいことは、「出会いが欲しい→出会う方法を占い師に聞いてみよう!」はちょっとやりすぎということ。

そうではなく、「出会いが欲しい→出会う方法をいくつか知っているから、とにかくやってみよう」の方がいいということです。

 

現代の出会いの手段は多様で、友達の紹介や合コン、マッチングアプリや出会い系、婚活サイト。

婚活パーティーや趣味の社会人サークル、バー、相席系の出会いも存在しますよね。

 

こういった現実的な出会いの手段を試してみるのが先

 

これらの手段がそもそも取れない事情があったり、やってみたが呪われているとしか思えないくらいうまく行かず万策尽きたりしたら、やっとそこで占い師の出番かな、と思います。

 

出会いに限らず、現実的な手段があるのならまだ占いは不要

「あなたは占い師なのにそんなこと言っちゃっていいの?」と思われるかもしれません。

実際、どんな内容であっても、お客様から相談していただけるのは嬉しいことですしね。

 

しかし、占いは「現実にやれることはやってみたけど、うまく行かない」場合に頼るのが健全であり、あまりに頼りすぎると占いジプシーになってしまいます。

自分の分かる範囲で現実的な手段がまだまだ存在する段階であれば、まずそちらをやった方がいいです。

 

例えば、原因不明の難病であれば、霊的な障害(狐憑き、生霊・死霊憑き、その他)の可能性もあるので占い師や霊能者への相談はありです。

(占い師には霊能力が若干ある人も多いので、「相談はあり」というよりは「相談した方がいい」でしょう)

 

しかし、まだ医者に一度もかかっていないうちから、病気の相談を占い師にするのは困りものです。

現実的手段である、「病気のプロである医者に聞いてみる」が出来ていないのであれば、まずそちらをやった方がいいです。

 

仮に法律の問題であれば、まず弁護士に相談してみた方がいいです。

ネットで調べれば、近所に初回無料相談をしている弁護士がいると思いますので、まずはそちらが先です。

 

仮に水道から赤い水が出て怖いのであれば、マンションの管理会社水道管業者などにまずは調べてもらうべきでしょう。

多くは水道管や貯水タンクの問題です。霊的なものであることはまずないです。

 

こういった現実的な手段をとっているのに、驚くほどうまく行かない、解決しない。

または、状況がどんどん悪化していったり、解決したとしても問題が次から次へと発生したりする。科学的には考えられないことが起こる。

 

こういう悩みに発展してしまったその時には、占いはかなり向いており、役に立つはずです。

後は、どちらの選択肢のほうがいいのか分からない場合(例:転職、独立等)や、このままいくとどうなってしまうのか知りたい場合(例:片思い、復縁、不倫、いじめ等)も占いはおすすめです。

 

長々と書いてしまいました。(お付き合いいただきありがとうございます)

 

とどのつまり、「出会うにはどうしたらいいですか?」は占い師案件ではなく、婚活案件なのではないかな(まずはやれることをやりましょう)、と思う一占い師の意見でした。

 

蛇足ですが、どうしても電話占いで出会いの相談をするなら、電話占いフィールがおすすめです。

 

普段、復縁や不倫の相談ばかりされているからか、出会いにおいてもかなり現実的なアドバイスが出てくると言われています。

占い師から「この出会い系を使いなさい」という珍しいアドバイスを受けたお客様もおり、実際にそれで出会えたそうなので、そう言われても驚かないようにしてくださいね。

 

電話占いフィール

 

おすすめの記事