当サイトは、「電話占い、ときどき魔術」という名前です。

占い師としての目線も交え、電話占いの口コミ・評判・体験談を紹介したり、自分自身で評価をしたりしています。

 

さらに、私自身は(電話占い師ではなく)対面占い師です。

日常的に、お客様の悩みを対面・1対1(1対複数のときもあります)で聞き、アドバイスをしています。

 

しかしながら、占いの形態はこの2つだけではありません。

対面、電話のほかにメジャーなものとして、チャット占いがあります。

 

今回は、チャット占いに興味がある方向けに、「チャット占いってどうなの?」を書いていきたいと思います。

 

チャット占いってどんな感じ?

電話占いやメール占いは、会社(サイト)によってシステムはあまり違いません。

しかし、チャット占いは会社によってかなり違います

 

チャット占いで多いシステムのタイプは、トークアプリやSNS(例:ライン)のようなインターフェースで、占い師とやり取りするというものです。

(他にも、実際にはメールとほとんど変わらない、長文やり取りタイプのものもあります)

 

料金体系も様々です。

「1分当たりいくら」という電話占いに近い料金体系のものもあれば、「1文字〇円」のように文字での料金制になっているものもあります。

 

占い師からのレスポンスの速さもシステムによりかなり違います。

リアルタイムのもの(=本当に「チャット」)もあれば、返事も速くて1時間、遅いと翌日~数日、というメールに近いものもあります。

 

先ほど、スマホアプリのライン(LINE)と似たインターフェースと書きました。

つまり、(電話占いとは違い)アプリとしてリリースされているサービスが多いのも特徴です。

 

スマホアプリでチャット占いサービスを提供しているものとしては、「Chapli(チャプリ)」や「ウラナッテ」が代表格です。

 

Webサイトでのチャット占いは、ココナラやウラナ、ヴェルニなどが代表格で、そのほとんどが電話占いサービスも提供しています。

 

チャット占いのメリット

チャット占いは、対面占いや電話占いに対して、どのようなメリットがあるのでしょうか。

早速ご紹介していきます。

 

チャット占いは結果を読み返せる

おそらく、対面や電話に対するチャット占い(メール占いもですが)の一番の強みはここでしょう。

 

見返すことが出来る、というのはもちろん「占い結果を忘れにくい」という効果をもたらします。

しかし、厳密にはこの効果だけではありません。

 

人間の記憶と言うのは、私たちの想像以上にあいまいなもの

占いも、時間が経つと解釈自体が変わってしまうことはよくあります。

 

占い師としての経験で言えば、良い占いは時間経過でより都合の良い解釈に傾き、悪い占いはより悪い(しばしば最悪の)解釈となります。

 

さらに、一つの占いでは「良いことも悪いことも」言われるのが普通です。

しかし、ポジティブな人は良いことだけ覚えていて、ネガティブな人は悪いことだけを覚えて帰ってしまうことが少なくありません。

 

これを防ぎ、「占い結果をあるがままに見つめる」という意味でも、占い結果が文字になっていることには意義があります。

 

チャットやメールなら相談しやすい

占い好きのお客様から「チャット占いはなんでも相談できる」という話をよく聞きます。

 

これは人によりますが、不倫の相談だと、どうしても性の話やレスの話、「最低じゃない?」と罵倒されそうな話が出てきたりします。

要は、恥ずかしい話や、後ろめたい相談が結構な割合であります。

 

こういう相談を、臆せず対面でできるかどうかは、人によります

対面占いはもちろんのこと、電話占いでさえ緊張してしまう、もしくは言えない、という人も多いです。

 

そんな人でも相談しやすいのが、チャット占いです。

顔を見なくてよいどころか、声さえも聴く必要もありません。

 

一般的に、「相談しにくいことの相談しやすさ」は、チャット占い(メール占い)>電話占い>対面占い、の順番だと思います。

 

チャット占いのデメリット

続いて、チャット占いのデメリットについて2点ほど。

早速参りましょう。

 

チャット(文字)だと心に響きにくい

当サイトでは電話占い体験談を集めていますが、多くの体験談が、占い師の「穏やか」など「声の調子」に言及しています。

それほど、肉声から受ける印象というものは大きいのです。

 

対して、チャット占いは文字だけです。

対面占いと比べて姿も視えず、声も聞こえません。(電話占いと比べると、声だけがない)

 

この状態ですと、(占い師の文章力にもよりますが)一般的には「心に響く鑑定」になりにくいと言えるでしょう。

 

恥ずかしい(羞恥)という感情を抱きにくいというメリットと、表裏一体の関係にあるデメリットです。

感動や驚きといった感情も、対面や電話での占いよりは抱きにくくなります。

 

レスポンスが遅い

電話占いや対面占いに比べ、チャット占いは返事の速さ(レスポンス)に欠けます。

これは、メール形式のチャット占いでは当然そうなのですが、リアルタイムタイプのものでも感じると思います。

 

占いでは、かなり自身の心の奥まで明らかにして相談する必要に迫られることも多いはず。

こういった「本音の開示」の場面では、ちょっとした「コミュニケーションのもどかしさ」が、不十分な自己開示、そしてイマイチの鑑定を引き起こすこともあります。

 

打てば響く、というのはコミュニケーションで重要な要素。

占いというデリケートなものだからこそ、即時性は大事だったりします。

 

チャット占いのおすすめサイト

ここまでチャット占いとは何かや、メリット・デメリットをご紹介してきました。

 

ここまで読んで「チャット占い、自分に向いているかも!」と思われた方のために、最後にチャット占いのおすすめサイトについて書きたいと思います。

 

長くなってしまいましたので、結論から言います。

スマホアプリを含めて考えても、これは「ココナラチャット占い」一択です。

 

ココナラチャット占いは、スキルの売買サイトである「ココナラ」が提供しているチャット占い。

リアルタイムではなく、「1通当たり料金」のメール占いに近いタイプです。

 

なぜこれがおすすめかといえば、まず、コスパが段違いだからです。

 

通常、「1通当たりいくら」のタイプでは、2,000円~3,000円(/1通)が相場です。

しかし、ココナラチャット占いは1通500円~。まさにワンコインでチャット占いが出来るのが強みです。

 

さらに、在籍占い師数も占い業界で断トツ。

人気占い師も多く、なんと2,500名もの異なる得意分野を持つ占い師から自分に合った先生を選ぶことが出来ます。

 

当然ではありますが、やりとりは1対1で完全にプライベート。

不倫(略奪愛)やいじめのような相談しにくい内容でも、肉声を聞かずに緊張せず相談できます。

 

コスパに優れているうえ、占い師も業界の最大数から選択が可能

だからこそ、「一択」という強い言葉を使いました。

 

百聞は一見に如かず。

一度ご覧いただいた方が分かり易いと思いますので、チャット占いに興味があれば覗いてみてください。

 

ココナラチャット占い

 

おすすめの記事