占いって、占いを信じない人からすれば緊急性がないと思われがち。

 

しかしながら、実はそんなことはありません。

結構、ひっ迫した状況で占いを利用される方も多いのです。

 

というわけで今回は、「当日占い、深夜占いしたい緊急時には」をお送りしたいと思います。

 

そもそも占いには当日や深夜の緊急性なんてない?

占いには、(当日や深夜に占う必要があるなどの)緊急性なんてものはないと思っていないでしょうか。

 

占いを信じていない人、単なる相談(話を聞いてもらって楽になる程度)だと思っている人からすると、それもよくわかります。

常識的(科学的に)に考えたら、医者にかかる(というか、救急車を呼ぶ)ほど緊急性がある事態が占いにあるとは思えないですよね。

 

しかし、そもそも占いを信じない人は占いをしてもらおうなんて思わないということを考えると、「占いをお願いしたい人からしたら占いニーズは切実」とも言えます。

 

これは、占い師としての経験から間違いないです。

何の資格もいらない占い師が「先生」なんて呼ばれちゃったりするのも、占いを信じている人からすれば「未来を教えてくれる」大切な存在」だからでしょう。

 

病気を治してくれる」「学問を授けてくれる」医師や教師と同じ尊称がつくのも、占いを信じている身からすれば「未来を教えてくれる」存在なのですから、うなづけるのではないでしょうか。

 

もちろん、「物理的・医学的に」緊急性を要しない案件であることがほとんど全てなのは事実です。

しかしながら、精神的」にはそうとは限らないということなんですね。

 

死にたい夜もある。当日、深夜の占いが役に立つことも

人には事情というものがあります。

占いなどという商売をやっているので、なおさらそう思います。

 

日本が自殺大国なのはよく知られていますが、「死にたい夜、誰かに相談したい夜」というのは多くの人にあるのではないでしょうか。

 

そんなとき、すがる恋人でもいればいいですが、そんな人がいなくなったからこそ自殺したい、ということもあるでしょう。

 

精神的に追い詰められた方が親類に頼れない場合、一つの選択肢として占いに頼るということが出来ます。

実際、私自身、深夜にそういったお客様に対応したことがあります。(電話占いではなく、まったく突発的な状況でしたが…)

 

睡眠薬を一気飲み(オーバードーズ)して死んでしまおうかと思ったけど、最後になんで自分がこんな目に合うのか、運命を知りたかったということでした。

 

もちろん、私が必死に占い、また説得したのは言うまでもありません。

私の知る限り、その方は死んでいないと思います。占いが人の役に立ってよかったです。

 

当日占い、深夜占いなら電話占い

昔であれば、当日に占いたかったり、深夜に占いたかったら、新宿などの大きな街の繁華街に行って路上占い師を探す位しかありませんでした。

あとは、知り合いの占い師をたたき起こすとかでしょうか。(先ほどの私の例は、実はこれにあたります)

 

しかしながら現在では、当日占い、深夜占いに対応したサービスがあります。

それが、電話占いです。読んで字のごとく、電話で相談から鑑定まで一貫して行うサービスです。

 

どうしても当日占ってほしい、深夜に相談したい、鑑定してほしい、誰かに話を聞いてほしい…

 

そういったときには、電話占いに頼るといいでしょう。

一時期はダメな占い師(素人占い師)が多かった電話占いですが、今はサービスも増え、そういった占い師は徐々に淘汰されてきています。

 

ココナラ電話占いなどの安めの占いで、サイト内の口コミ評価をもとに選択すれば、大外れはしないでしょう。

(万が一微妙な人だったとしても、安いところはかなり安くなっているので、ダメージが小さいです)

 

まだまだ対面占いのほうがやりやすい面はたくさんあります。(例えば人相・手相など)

しかしながら、深夜占い、当日占いであれば電話占い一択です。

 

ココナラ電話占い

 

おすすめの記事