今回は電話占いの選び方の、基本についてお話したいと思います。

 

題して、「未経験者を募集している電話占いに注意」です。

 

電話占い師のレベルをはかるのは難しい。しかし

まず、電話占い師のレベルをはかるのは、非常に難しいことです。

 

ウラスピやレディスピなどの「電話占い口コミ掲示板」をみていると分かりますが、同じ占い師でも「当たった」「当たらない」両方のことが書いてあるのが普通です。

 

また、それは占い師単位ではなく、電話占いサイトでも同じ。

「電話占い○○はおすすめ」「電話占い○○は最悪、詐欺」の両方の評判があるでしょう。

 

しかしながら、「この電話占いサイトは、確実にレベルが低い」と分かってしまう特徴というのもあります。

 

レベルの低い電話占いは未経験占い師を募集する

「この電話占いサイトは、確実にレベルが低い」と分かってしまう特徴。

それは、未経験で占い師を募集してしまっている電話占いサイトです。

 

今、電話占いは本当に流行っています

私自身、対面占い師しかしていませんが、色々な人から何度「電話占いをやらないか?」と持ち掛けられたか分かりません。

 

だから、需要(=電話占いを受けたいというお客様)はいくらでもあります。

しかしながら、供給が追い付いていません。

 

電話占いの需要が大きいので、その市場で儲けようと、電話占いサイトは200個以上が乱立しています。

しかしながら、きちんと占いが出来る占い師の数は一定です。急増するわけではありません。

 

なので、未経験でも、霊感がなくてもとりあえず占い師の数をそろえようとするサイトが出てきます。

そうすれば、取り合えずは売り上げが立つわけですから。

 

しかしながら、そんな「急造の占い師」にまともな占いが出来る訳はありません。

占いって、独学で必死に学んでもある程度習得に時間がかかりますし、霊感があるかどうかの問題もあります。

 

こうして、またレディスピやウラスピ、2ちゃんねる(5ちゃんねる)やヤフー知恵袋に、「電話占いは詐欺」という声が増えるというわけですね。

 

電話占いの口コミではなく、採用情報をみよう

本来、電話占いの体験談・口コミサイトを運営している私が言ってはいけないことかもしれませんが言ってしまいます。

 

実は、電話占いの口コミを見ても、あまり意味がないかもしれません。

 

いわゆる「ステマ(ステルスマーケティング)」で良いことしか書いていないかもしれませんし、ライバルを蹴落とすために悪い評判が水増しされているかもしれません。

公式サイトの口コミなどであれば、「悪いレビューなので掲載(評価)を拒否された」という話も業界ではよくあることです。

 

ですので、こういった「体験談」「口コミ・評判」は参考にする程度での利用がおすすめです。

 

しかしながら、口コミ・評判・体験談にはウソが多くても、嘘をつかない部分もあります。

 

それが、採用情報です。

そもそも電話占い会社は、お客様が「採用情報」などというページをわざわざ見に行くとは思っていないんですね。

 

電話占いサイトの「採用情報」のありか(ウィルの例)

採用情報は、各電話占いの公式サイトにほぼあります。

例えば、大手の「電話占いウィル」であれば、公式ページの一番下、右端に「占い師募集」というページがあります。

赤枠で囲んだ部分ですね。(小さくてごめんなさい)

 

ウィルは電話占いの中でも相当しっかりした会社なので、応募資格の部分に「占いについて確かな占術、技術をお持ちの方」と書いてあります。

要は、「未経験でも誰でも応募してください!」という態度ではありません。

 

ウィルは大丈夫でしたが、こういう部分に「お、自分も応募してみようかな」と思わせるようなハードルの低い基準が書いてあるサイトには、要注意。

自分と同じような人に、高いお金を払って鑑定してもらうことになってしまいます。

 

電話占いが信用できるかどうかは、電話占い師しだい。

そして、電話占い師は、採用基準次第でレベルが変わってくるのです。

 

ですから、ある電話占いサイトが信用できるかどうかを判断するためには、まずは採用情報を見てみるといいですよ。

 

【電話占いウィル】 当たると口コミで話題!3000円分無料キャンペーン実施中

 

おすすめの記事